読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茹でて、冷ますだけ!暑いときに食べたい、夏の山飯

山メシ

f:id:hinaaoyumi:20160612120629j:plain

【スポンサーリンク】
?

夏におすすめの山飯 トマト冷やしうどん 

 

いざ昼飯に...

夏は暑くてなかなか食欲がわかないものです

登山は体力勝負!ということで、暑い真っ盛りに「野菜と冷やしうどん」

 

(゚д゚)うまーい!

 

冷たくてツルツルのどを通ります 食欲のない夏のお弁当にピッタリです

保冷材替わりに入れた、メカブでうどんもひんやりしています

ダシの入れすぎに注意して下さいね~

 

残した分は、飲み干さなければダメなので 

喉、かわきますよ~(笑)

 

材料

●ゆでたうどん

●プチトマト

●冷凍しておいたメカブ

●カツオ節

●おろしショウガ

 

作り方

●うどんはゆでておきます しっかり冷ました後、ごま油を少々 

 ポリ袋に入れて、冷やしておきます

●パック入りのメカブを冷凍庫に入れて凍らせておく

●プチトマトのヘタを取り、水分を拭いておく

●空のペットボトルに、麺つゆと水を入れ凍らせておく 

 ※ダシをあまり多く作ると、残るので注意

持ち運び方

●コッフェルに冷やしておいたうどんを入れる

●ポリ袋に入れたうどんの上に、凍ったメカブ、プチトマトを入れる(保冷材替わり)

●余ったスペースにお好きな薬味を入れて下さい

  ※サーモスに入れて持ち運ぶのはNGです

 

f:id:hinaaoyumi:20160612112827j:plain

 

夏のお弁当 傷まないポイント

 

●肉、野菜、ハムやちくわなど、生のものは傷みやすくなります 

  加熱して充分冷ましてから、5度以下で保冷することが基本になります

 

●野菜ならボイル、肉やハムなどは小さめに切って、必ず加熱してください

 

●ボイル野菜は、当日に用意するようにしましょう

 前日のものを使うときは、朝温めなおしてくださいね

 

●プチトマトなど入れるときは、洗った後、水気をよく拭いておくこと

 ヘタには高い確率で細菌がついています とってから洗いましょう

 

●カットした生野菜は傷みやすくなっています 現地でカットした方がいいです

 

●炊き込みご飯、混ぜご飯はとても傷みやすいので、夏場は避けた方がいいです

 ※おにぎりを作るときは、ラップを使用して作ると傷みにくくなります

 ※おにぎりなら梅干しか、ゆかりがおすすめ こちらもよく冷まして下さいね