読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタル登山は是か非か?スマホと登山

登山用品

f:id:hinaaoyumi:20160722082207j:plain

 

登山中に困るのがスマホの充電切れ...(-_-;)

地図アプリに、カメラ、ログ記録...

もはや登山とスマホは切り離せない関係になってきました

 

GPSは買えば何万もしますし、カメラを持ち歩こうと思うと重い...

最近では高山植物などの図鑑、鳥の鳴き声、星座観測など、スマホ一台あれば

たいていの事はカバーできるようになりました

気を付けたいのは、頻繁に使用することによるバッテリー切れです

【スポンサーリンク】
?

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリー 容量

●まずはバッテリーの容量です

よく10000mah、20000mahなどの単位をみかけますが、これは

充電できる最大容量です

 

●ちなみに、スマホの充電に必要な容量は1500~3000mahほど

ただし、モバイルバッテリーからスマホへの電圧変換によるロスがあるため、

モバイルバッテリーの「60~70パーセント」が充電回数の目安になります

 

●10000mahだと2~3回の充電が目安ということになります

モバイルバッテリー 重さ

登山で使うならここが一番重要なポイントになるのではないのでしょうか?

一般的なツェルトが150gから350gほど

容量にもよりますが、モバイルバッテリーの重さが、300g~500gほど

う~ん..... 

無駄なものを削ぎ取って、機能性ははずさないという

進化を辿ってきた登山用品

突然の500g ごめんなさい... m(__)m

モバイルバッテリー 比較

比較的軽い、登山向けの、モバイルバッテリーをいくつかあげてみます

●Anker PowerCore 10000

10000mah 277gと軽く、登山向き

●Anker PowerCore 13000

13000mah 259g 

●Poweradd Slim2 5000mAhモバイルバッテリー

127g 5000mah 日帰り登山ならこれで充分 

丸みを帯びたデザインンなので、ザックの中でも安心です

●Anker PowerCore 20100

20100mah 481g 一泊以上の山行におすすめ

 

※スマホに使われているリチウム電池には寿命があります

 

●充電したままスマホを操作しない

●頻繁に充電しない

●充電完了しているのに、充電しっぱなしにしない

 

注意すればより長く電池を持たせることができます