読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故だろう?バーナーといえばプリムスが定番だよね?

山飯に必須アイテムの「ガスバーナー」。多くの方が愛用する「イワタニプリムスP153」。どうしてストーブといえばプリムスというほど、定番化したのでしょうか? 

f:id:hinaaoyumi:20161006072509j:plain

プリムスの歴史

今から100年以上前、液体燃料「パラフィン」を気化させて、ガスを燃焼させるという、発明からプリムスの歴史は始まりました。

発明者「ヴィルヘルム」、仲間の「スヴェンソン」と共にスウェーデンで工場を開き、そのストーブを量産し始めます。それが長い年月をかけて現在のプリムスP153にたどり着きました。

人類が初めて南極点に到達したときにも、さらに1953年、エベレストの初登頂に成功したヒラリーとテンジンも、プリムスを携行していた歴史があります。

アウトドアシーンを支える、機能性、安全性、燃焼性、風防性など、100年以上前から「燃焼の専門メーカー」として、第一線を走るプリムスだからこそ、登山用のストーブとしてトップにあり続けるのです。

f:id:hinaaoyumi:20161006072543j:plain

プリムスのガスカートリッジ

好日山荘、石井スポーツ、ロッジ、モンベルなどの登山用品店、Amazonや楽天などの通信販売で手に入ります。「純正のガスカートリッジの入手が簡単」それも大きく普及した理由かもしれません。

ガスカートリッジの寿命

ガス自体は変化しませんが、容器については注意が必要です。錆びてきているものは、なるべく早く使い切りましょう。

ガスカートリッジのバルブには、耐ガス専用のパッキンが使用されていますが、経年劣化するため、3~5年で使い切る事が前提です。※使用しないときは必ずキャップをして保管してください。(メーカー推奨)

ガスカートリッジの種類

250G ノーマルガス(小)

温暖な季節、低地での使用前提。一番メジャーなガスカートリッジ

500G ノーマルガス(大)

温暖な季節、低地での使用前提。 

IP110 小型ガス(極小) 

かさばらない極小タイプのガスカートリッジ。

IP250 ハイパワーガス(小)

寒冷地、高地での使用可。

IP500 ハイパワーガス(大)

寒冷地 高地での使用可。

●ガスカートリッジの処分方法

    1. 基本的に容器は必ず中身のガスを使い切って捨ててください。
    2. 捨てる時は容器を振ってみてガスの有無を確認してください。「シャカシャカ」音がしたらまだガスが残っています。器具に接続して火が消えるまで残ガスを使い切ってください。
    3. 缶にガスが残ったまま捨てると、ゴミ収集車内でガス漏れ火災や爆発の原因となります。
    4. 廃棄については各地方自治体によって異なります。廃棄する場所の自治体等にご相談ください。

  引用元:http://www.iwatani-primus.co.jp/products/primus/qanda.html

登山での定番ストーブ プリムスP153 

●重量:110g(本体99g+点火装置11g)●出力:3600kcal/h ●ガス消費量:245g/h ●燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時) ●ゴトク径:最大148mm/最小90mm ●収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm ●その他:点火装置付(点火装置は着脱可能です)、ガスカードリッジ別売●付属品:ナイロンスタッフバック付属

特筆すべきはX字ゴトク」。一見では分りませんが、風防効果に優れた構造になっており、アウトドアシーンで重宝します。

また、携帯性もよく、様々なクッカーにスタッキングできます。小さなボディで3600kcalとハイパワー。カップラーメンから本格的な山飯までOKです。

プリムスP153とスタッキングできるクッカーは?

プリムス イージークックソロセットS 

110のガスカートリッジでのスタッキング可※250缶は少々厳しい。目盛り表示あり、注ぎ口あり。

プリムス ソロセットM 

定番サイズの250缶、スタッキング可。目盛り表示あり、注ぎ口あり。

モンベル アルパインクッカーディープ11 

250のガスカートリッジがスタッキング可。目盛りの表示あり、注ぎ口なし。

DUG POT(M)

250のガスカートリッジがスタッキング可。僕が愛用しているクッカー。蓋が深めの構造の為、炒め物をしたり、お皿代わりに使ったりと使い勝手が良い。目盛りの表示なし、注ぎ口あり。