読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては女王蜂のために!スズメバチが秋に凶暴化する理由

被害件数はクマの3倍。年間数十人の命を奪う、スズメバチ。被害件数のほとんどが、「夏から秋」に集中しています。

どうしてスズメバチによる被害が、秋になると増えるのでしょうか?それにはスズメバチの生態サイクルが、大きく関係していました。

【スポンサーリンク】
?

f:id:hinaaoyumi:20161009102738j:plain

スズメバチの一生

~初めは女王蜂一匹から始まります~

①冬が来る前に、交尾を済ませている女王蜂

②朽木などに穴を作って、一匹のまま春まで越冬

③春がくると女王蜂一匹だけで、小さな巣を作る

④巣ができると働き蜂(すべてメス)の卵を産む※その間女王蜂は一匹で巣の維持から、食料の調達までこなす

⑤6月ごろに卵が羽化

⑦働き蜂が大きくなると、女王蜂は産卵に専念する

⑧働き蜂が増えるのにつれ、巣も急速に拡大していく※9月くらいがピークを迎える 

⑨次世代を残すため、初めて「オス」と「女王蜂」の卵を産卵

⑩先に羽化したオスが繁殖のため、巣穴の外で女王蜂を待つ

⑪後から羽化した女王蜂と、巣の外で交尾する

⑫役目を終わったオス、巣穴に残ったメスは、新女王蜂にすべてを託して、すべて死んでしまいます(10月下旬くらい)

 

巣が最も大きくなる9月から、新女王蜂へのバトンタッチが終える10月下旬まで、本能的に攻撃化するのは、この生態サイクルが大きく関わっているのです。

知っておきたい、スズメバチの習性

スズメバチの活動範囲は?

オオスズメバチなら、巣を中心に、半径2キロ。キイロスズメバチは、半径5キロに及ぶといわれています。

「これ以上巣に近づくな」という警戒範囲がありますが、一般的に数メートルから10メートルくらいが目安です。

●スズメバチが周囲を孤を描くように飛んでいる

●顎をカチカチ鳴らしている

●周りにスズメバチが集まってきた

これらは、警戒範囲に入ったことを意味します。近くに巣がある可能性が高いので、そっと離れましょう。

ハチは左右の動きに強く、上下の動きには弱いので、頭を低くして、ゆっくりと離れることが大切です。

一説では、スズメバチが3匹以上集まると、無条件で「攻撃モード」に入ると言われています。

スズメバチに攻撃されやすい条件

黒っぽい色は避ける

ハチは視力が悪く、白黒の世界で生きています。明るい色か、黒い色かで判別しているといっても過言ではありません。

黒っぽいダーク系の服は、攻撃されやすいとされています。その理由は、ハチの天敵である熊の色だから...。動物の急所(目や鼻)が黒いからだと所説あります。

スズメバチが、活発に行動する気温と時間は?

気温が18℃を下回ると、行動が鈍くなります。活動時間は、空が明るくなる前の早朝から、暗くなり始める夕方までが活発です。

特に、早朝と夕方は、最も活発に行動する時間帯になり、日差しが最も強くなる正午ごろは、活動が落ち着くといわれています。

臭いを出さない工夫

スズメバチは香りに敏感です。整髪料や、香水、化粧品にはハチを興奮させる効果があります。人の汗の匂い、飲みかけのジュース類にも注意が必要です。

もしも、スズメバチに刺されたら

①可能であれば傷口から毒を素早く絞り出す。口で直接吸ってはいけません。 ポイズンリムーバーがなければ、指で絞り出す。

②毒は水溶性なので、水で患部を洗い流す。

③抗ヒスタミン成分を含むステロイド軟膏を塗る。

④すぐに病院で受診する。

もしもスズメバチに刺されたのが、2回目なら

30分以内に「呼吸困難、じんましん、めまい」などの症状が現れたのなら、アナフィラキシーショックの可能性があります。一刻も早い処置が必要です

約1~2割の確率で、アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。さらに数パーセントの方は急激な血圧低下や、意識障害をおこし、生死にかかわるショック状態におちいります。f:id:hinaaoyumi:20161009103635j:plain