読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車で行く!生駒山 昭和の香り漂う参道と、宝山寺

アクセスと立ち寄り情報

生駒山へ登山に行こう(642m)

奈良県生駒市と、東大阪にまたがる生駒山。古くは修験道の開祖とされている「役小角」が鬼退治をしたという、伝説が残る山としても有名です。

山頂は入園無料の遊園地となっており、展望が楽しめないのが少し残念。今回は近鉄生駒駅から、山の中腹にある宝山寺を通って、生駒山上へのピストンコースとしました。

石畳の階段を歩くことがほとんどで、登山というよりは軽いハイキングといった感じ。登山口までは、所々、昭和の時代を感じることのできる、古い街並みを歩くことができます。

f:id:hinaaoyumi:20170108194116j:plain

公共機関を使ったアクセス方法、登山ルートや立ち寄り温泉、 グルメ情報などをまとめています。

 

大阪と奈良の境、生駒山域に鬼取山というところがあり、そこに人喰い鬼の話がある。昔、赤目、黄目という夫婦鬼がおり、始はおとなしかったが、やがて人の子供を食べることをおぼえ、村々を荒らしまわった。

村人がこの鬼退治を計画しましたが、髪切山まで行くと、雨が降り、風が吹いて近寄れない。どうしても鬼退治ができず困っていました。

そこへ、役行者が来て、鬼の子供をとらえ隠したところ、鬼が一生懸命鬼の子を探したので、役行者がその鬼に、自分の困ることは人の困ることだと説教。鬼は非を悔いて、髪を切り行者に従ったという。この2匹の鬼が前鬼・後鬼である。 

引用元:http://www.infokkkna.com/ironroad/2015htm/iron11/1502ikoma01.htm

生駒山へのアクセス 電車

●往路 復路

駅名料金駅名
(市営)梅田 240円 (市営)難波
(近鉄)難波 400円 (近鉄)生駒

梅田~難波~生駒 

計640円 往復 1280円  ※片道の目安時間 約40分

【スポンサーリンク】
?

生駒駅前 コンビニ事情

駅前にコンビニがあります。 買い物はここで済ませておきましょう。少し場所が分りにくいですが、近鉄百貨店の1F部分にあります。

生駒山の地図

こちらに関連する地図があります。

てくてくマップ 

http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/

登山コース

①スタート地点:生駒駅

⇩ 40分

②宝山寺

⇩ 40分

③生駒山上遊園地

⇩ 35分

④宝山寺

⇩ 35分

⑪ゴール地点:生駒駅

約7㌔ 約2時間30分

生駒山コース概要

f:id:hinaaoyumi:20170108185148j:plain

登り始めという事で、六時過ぎに生駒駅を出発しました。元旦ではありませんが、日の出を拝むためです。

途中でライトアップされた鳥居を発見。ここはまだ住宅街の真ん中。街灯が所々あるのでヘッドライトは使用せずとも大丈夫そうです。

f:id:hinaaoyumi:20170108185241j:plain

いよいよ太陽が上がってきました。山頂ではありませんが、素晴らしい日の出を見ることに成功。もう少し遅れていたら見ることはできなかったかも。

f:id:hinaaoyumi:20170108185309j:plain

日の出を眺めながら朝食。お決まりのカップヌードルです。うまいのなんの。

f:id:hinaaoyumi:20170108185323j:plain

宝山寺、(生駒聖天いこましょうてん)商売の神様「日本三大聖天」のひとつでもあり、朝早くからたくさんの参拝者がおられました。

f:id:hinaaoyumi:20170108185420j:plain

左右に、お地蔵さまがたくさん並んでおられる道を下ります。100体は超えるその景色は圧巻です。どのお地蔵さまにも、生けたばかりのお花とお賽銭が備えられていました。絶えず人が訪れるのでしょうね。

f:id:hinaaoyumi:20170108185436j:plain

般若窟とよばれる岩山。海律師が祀ったとされる弥勒菩薩像が遠目に見えます。f:id:hinaaoyumi:20170108185516j:plain

両脇に灯篭が立ち並ぶ、立派な参道。

f:id:hinaaoyumi:20170108185453j:plain

懐かしいポスト。最近はすっかりみかけなくなりましたが、ここでは現役で頑張っています。ジブリを彷彿させるのはなぜでしょう。

f:id:hinaaoyumi:20170108185500j:plain

喫茶の看板も、当時のまま。昔はよく見た光景です。

f:id:hinaaoyumi:20170108185508j:plain

f:id:hinaaoyumi:20170108185527j:plain

のんびりと舗装された参道を下山します。石切方面に抜けると。石切神社にお参りすることもできます。

生駒山のトイレ事情

宝山寺、山上遊園地にトイレがあります。

生駒山 登山 危険

コース上, 特に危険箇所はありません。道標も正確、登山道もしっかりしています。

生駒山系で猛毒キノコ「カエンタケ」が発見されています。人間の指先が突き出たように生え、燃え盛る炎のように真っ赤な色をしています。誤って口にすると、悪寒や嘔吐、手足のしびれを発症し、数日後には死に至ることもあるらしいです。奈良県で大量発生しており、生駒山で100本ほどのカエンタケが発見されています。

生駒山に関連するグルメ

●生駒で美味しいうどんといえばここ。出汁の効いたカレーうどんが美味しい。

●コスパ最高!居酒屋というより小料理屋。登山後の一杯に。