スントトラバース(Suunto Traverse)に登山ルートを表示させてみた

スントトラバース(Suunto Traverse)にGPXファイルを転送する

スントトラバース(Suunto Traverse)には、ヤマレコやYAMAPでダウンロードできるGPXファイルを「ルートデータ」として事前に時計本体に転送させておくことで、目的地までのルート案内(ナビゲーション)をすることができます。

「Movescount」というソフトを使用して「PC」「スマホ」から設定可能ですが、ここではPCを使用してGPXファイルを時計本体に転送させる方法をご紹介します。

www.movescount.com

まずは「ヤマレコ」や「YAMAP」などの登山サイトからGPXファイルをダウンロードしてみましょう。

 

 

ヤマレコからGPXファイルをダウンロードする

f:id:hinaaoyumi:20171203064057j:plain

マップ機能から「GPXファイルをダウンロード」を選択し、任意の場所に保存

※ここではデスクトップに保存しました

YAMAPからGPXファイルをダウンロードする

f:id:hinaaoyumi:20171203064258j:plain

軌跡データをダウンロードから「ダウンロード」を選択し任意の場所に保存

※ここではデスクトップに保存しました

Movescountにアクセスする

f:id:hinaaoyumi:20171203064818j:plain

右上の「プラスボタン」から「ルートの計画」を選択

f:id:hinaaoyumi:20171203065451j:plain

左下の「プラスボタン」から「ルートのインポート」を選択。任意の場所に保存したGPXファイルを選択

※ここではデスクトップに保存してあるGPXファイルを選択

f:id:hinaaoyumi:20171203065930j:plain

①「ルート名未設定」を任意のルート名を英数字で入力する

  例:京都トレイル東山コースなら kyototrail-eastのような感じで

②「以下を使用 Suunto Traverse」をONにする

③「保存」を選択

f:id:hinaaoyumi:20171203071012j:plain

設定メニューを選択

f:id:hinaaoyumi:20171203071047j:plain

「マイライブラリ」「ルート」を選択するとインポートしたルートが表示されます。表示されていませんが、赤丸印の所にある「ごみ箱」をクリックするとルートが削除されます。

スントトラバース(Suunto Traverse)とPCを接続します

f:id:hinaaoyumi:20171203071938j:plain

時計本体にデータを転送中。しばらくそのまま待ちます

f:id:hinaaoyumi:20171203072040j:plain

これで時計本体に「ルートデータ」を転送完了しました

f:id:hinaaoyumi:20171203081406j:plain